FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3・11あれから2年

あれからもう2年
今日はつむぐるメンバーと企画した「シェーナウの想い」と「100人の母たち」の原発に関する上映会を無事終えました。
激動の2年間を沢山の方が経験したのではないでしょうか。
あの時妊娠中だった私は、自分たちの事で精一杯でした。
今日皆さんと集まって、あの時の事を一つ一つ想いだしました。

地震直後5年生だった娘を小学校へ迎えに行くと、「友達を家まで送ったら自分で帰るから大丈夫」と地震に脅えた友達が母親に会えるまで、ずっとそばで付き添っていた。
でもあんなに友達が大切だった娘は、お別れも言えないまま避難することになってしまいました。

卒園に向けて一生懸命練習してきた6歳の娘は、その日体調を崩して保育園をお休みしていた。
兄弟のように仲良くしてきた友達とそのままのお別れとなった、もちろん卒園式の参加もできず、避難先の北九州で練習してきた「卒園式」を私達の前で見せてくれた。

娘たちを、お腹の赤ん坊を・・・守りたい!
両親、兄弟、友人、知人、みんなをおいて北九州へ避難しました。
あの時、別れ際に母と抱き合った時、胸が苦しかった。でも母に泣いている顔なんて見せたくなかった、
母に笑顔を見せ、また母も笑顔を見せてくれた。あの瞬間がずっと頭から離れなくて、今日涙があふれでてしまった。
あの時あんなに我慢した涙が、今日は遠慮なく流れ出てきました。

あれから2年。

岡山で、新たな生活をスタートして早1年。
この2年間で沢山の方と出会いました、多くの方の支えでここまでやってこれました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

パン屋をオープンして益々出会いが増えました、つむぐるというメンバーと企画をしていくうちに更に出会いがありました、これからも続く出会いと、繋がり、おじいちゃん、おばあちゃん、若者も、子どもも、みんなで原発をなくそう!みんなでたちあがっていこう、一人一人声を上げていこう!

こんな苦しみを二度と繰り返さないために。

今日はありがとうございました。

次回のデモにはパン屋の両親を真似て[NO NUKES]とかいた飾りパンでも首に下げて行進しよう☆
スポンサーサイト
プロフィール

維摩

Author:維摩
オぷストとは、ドイツ語でフルーツという意味です。
いつか果樹園をやりながら、そこで採れたフルーツで酵母やジャムを作りたいという夢を持ってつけました。
ホームページはまだ未完成ですが、よかったら見て下さい。
http://amanakuni.net/obst/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。